医学生のアレやソレ

旧帝医学生のブログ。勉強とか趣味とかまとめとか。

カレンダーや手帳の利用とモチベーションについて

【モチベーションを保つために】

モチベーションを常に高く持ち続けるというのは、何も工夫しなければ難しいと思います。

僕がやっていたのは

・勉強した日にはカレンダーに印をつける(8時間以上○、6~8時間△、~6時間☓)

・手帳に勉強した時間を記録する

・問題をコピー用紙に解き、捨てずにすべて積み重ねて保存する

です。

 

勉強記録をつけるのは、「自分が何をどれだけやったか」を数字という客観的な指標で把握できるのでとても大事です。

面倒臭がらず付ける習慣をつけましょう。

 

ストップウォッチで正確に時間を測るのもいいですし、アナログ時計で大雑把に把握するでもいいと思います。とにかく手帳に勉強時間を記録しましょう。

 

記録にあたっては私はほぼ日手帳を利用していました。

 

週表示のページをタイムラインとして利用し、勉強した科目とその時間を色ボールペンで塗って視覚的にわかりやすく記録しました。

 

どうしてもモチベーションが上がらない時など、過去の記録を見ることで「まだまだ足りない」という焦りや、「こんなにやった」などのちょっとした達成感を味わい、いい気分転換になります。

 

カレンダーに印をつけるのも同じような効果があります。

カレンダーは卓上カレンダー等小さいもので十分です。

 

また、問題を解いた紙を積み重ねることは自分の成果が目に見えて分かるので特にモチベーションアップに役立ちました。

試してみてください。

 

今はスマホのアプリでstudyplusというSNSと勉強記録を結びつけるものもあるので、利用してみるのもいいかと思います。

 

ストップウォッチ機能が付いているので、正確に何をどれだけやったかが記録できます。また他の人が勉強したこともタイムラインに表示されるので、焦燥感を駆り立てる意味でもいいと思います。

 

携帯を必ずいじることになるので、誘惑に弱い私は無駄にいじってしまいそうなのですぐに利用はやめてしまいましたが…。