医学生のアレやソレ

旧帝医学生のブログ。勉強とか趣味とかまとめとか。

試験前のはなし

二月に入り、これから脳解剖学と病理学、神経生理学の試験があります。

 

個人的には解剖学にハマっているので、何とかいい成績を取りたいところ。

 

一年以上ぶりで何を書けばいいのだかわからないな…とにかく継続して書いていければいいなぁ。

今後は気になるトピックや医学を学んでて面白いと思った話、医学部での勉強などについて書いていこうかな、などと思っています。

 

さて。

 

もうすぐ二次試験ってことで、医学部受験生、そこに限らなくても受験生の多くは精神不安定状態でしょう。少なくとも自分はそうでした。笑

赤本を解いても同じ問題は出るわけないし(傾向をつかんで、時間配分を体で覚えるためには大事だけど)、面接で話す内容も詰めなきゃいけないし、話す練習もしなきゃいけない…。

やることはたくさんあるように思えるけど、諦めずにがんばってほしいですね。

 

よく言われる話だと思いますけど、直前に新しいことしても焦るだけなのでこれまで取り組んだ問題集を一日で一冊の半分とか、一冊丸々とかやって反復しまくるほうが身になると思います。過去にできなかったところだけを割り切って復習するということですね。

ポイントは短期間で一気に反復しまくるってことですね。

多くの方は聞いたことがあると思いますが、単語の意味や単純な解法などの記憶は意味記憶と呼ばれ、これには脳の海馬が関わります。

海馬は中期記憶という数週間で忘れてしまうような記憶を保持しますが、これをさらに長期間忘れないでいるためには、大脳皮質と呼ばれる脳の表面に記憶を転送する必要があります。

 

短期間で一気に反復して、刺激を高頻度で与えることで、海馬のシナプスの反応性が上がって、記憶が長持ちしやすくなるんですね。長期増強というんですけど。

なので試験直前の追い込みには新しいことをパラパラとやって短期記憶を増やすよりも、信頼のおける問題集を反復しまくって記憶を長期間保持できるようにした方がいいですよ、というお話でした。

 

これは個人的経験ですけど、繰り返すと覚えるだけでなく知識が有機的にリンクし始めて理解が深まっていくんですよね。この感覚は個人的にすごく楽しいので、ぜひ焦って変なものに手を出さずに、自分のこの一年間の努力を信じて、復習しまくってみてください。

 

…一年努力してこなかった(問題集一冊すら終わってないみたいな)人は、焦ってとにかくまず一冊終わらせてください。笑

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村