読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学生のアレやソレ

旧帝医学生のブログ。勉強とか趣味とかまとめとか。

医学英語 

どの大学でもそうだと思うのですが、必ず英語の講義はある。

日本で生きている限り、英語は使わなくてもまぁ生きていけるが、とはいえ使わなければ上達することはありえない。

 

医学科では特に日本語に不慣れな海外の方を診察するときに備え、医学英語という講義で英語での医療面接を練習したり、英語で書かれた疾患の説明文を読んで、それを要約するなど、ちょっと実践的な講義を受ける。

帰国子女や、留学のために英語を学び続けている人は簡単そうにこなしているが、日本語ばかり使ってきて英語を話すことに不慣れな自分は四苦八苦している。

 

 

正直に言って、高校英語までしっかりやっていればリーディングに関しては問題なく大学生活を送れるだろう。

センター試験で9割を取る実力があれば困らないはずだ。

 しかしスピーキングに関して言えば、まったく別の話となる。

難解な文章を読み解き和訳する力があっても、実際に話してこなければ、スラスラと口から英語を唱えることはまずできないと思われる。(実際に自分がそう。)

 

話すことに限定すれば、文法的には中学英語の範囲で充分であろう。

とにかく、間違ってもいいから使っていかなければならないと、いま痛感している。

 

 

受験生の方は、英語は読んで聞ければとりあえずそれでいいと思うかもしれないが、先のことを考えるならばせめて音読だけでもしっかりやっておいたほうがいいかもしれない。

まぁ音読は効果が大きいので、やってる人のほうが多いとは思うけれど…。

 

 

英語は言語なのだから、話すことで得ることも多いと思う。

話すことを意識した英語学習をしてこなかったことを若干後悔しているし、反省している。

このようなことにならないよう受験生の方は注意してほしい。

 

 

週に何度もない講義であるから、これだけで英語に習熟するのは難しい。

しかしこれをいい機会と捉えて、英会話の表現を唱え、舌に覚え込ませる日々である。