読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学生のアレやソレ

旧帝医学生のブログ。勉強とか趣味とかまとめとか。

医学英語 

どの大学でもそうだと思うのですが、必ず英語の講義はある。 日本で生きている限り、英語は使わなくてもまぁ生きていけるが、とはいえ使わなければ上達することはありえない。 医学科では特に日本語に不慣れな海外の方を診察するときに備え、医学英語という…

医学生の放課後

自分は理系学生として大学を卒業した後に、医学科へ入り直した経緯を持つ。 そのため他の医学生よりも、医学生の生活を相対的に見ることが出来ると思っている。 一般に理系学生は実験、レポート、講義の量が多く、また定期試験も持ち込みが可能でないことが…

ことばのはなし

言葉は思考の基本であると思うし、日常的に頭のなかで想起される言葉によって行動力とか、気分とか、自分の生活が規定されているように思う。 自分が大事にしている言葉に、継続こそが力というものがある。 継続は力なりとはよく言うもので、それに納得もし…

新年度

新年度が始まりました。 無事に三年生に進級できたためなかなか充実した日々になりそうです。 実際に入ってみてわかったことですが、医学科は留年が多いです。 一日で処理する知識量が多いため、少しでもやる気を失ってサボると自分の首を締めることになって…

やるか、やらないか

日曜日だったので、近所の公園を散歩 天気はよくてもまだ少し肌寒い、けどその少しってところに、もうすぐ春なんかなぁと思ったり 公園に小さい子ども 幼き日を思い出す 幼稚ゆえの全能感 挫折を知らなかった日の、やれば出来るという幻想 やらなければ虚 や…

解剖学の勉強覚書

解剖学といえば医学のきほんの“き”といわれます。 英語を学ぶ際に単語・文法を覚えなければ長文もなかなかスムーズに読めないのと同様に、人体に関する用語を覚えていなければ臨床事項は理解することは難しいですよね。 解剖学をこれから学ぶ人のなんらかの…

二次試験の心得

はやいものでもう2月も下旬。 今年の国公立大学の二次試験は土日に行われるんですね…しらなかった。笑 二次試験に緊張するなというほうが難しいですので、できるだけ自分の力を出せるように自分が意識していたことを書き残しておきたいと思います。 目次 カ…

試験前のはなし

二月に入り、これから脳解剖学と病理学、神経生理学の試験があります。 個人的には解剖学にハマっているので、何とかいい成績を取りたいところ。 一年以上ぶりで何を書けばいいのだかわからないな…とにかく継続して書いていければいいなぁ。 今後は気になる…

成績開示

先日、2015年度入試の試験結果が大学より送られてきました。 センター93%、2次試験平均7割で無事合格してました。 総合では8割弱といったところでした。 このことからも、医学部を受験される方はやはり センター9割、2次7割 を目標にすれば良いと思います。…

中間試験

先日必修科目の中間試験がありました。中間試験というもの自体が久々なもので、懐かしさと程よい緊張感を味わうことができました。試験の内容は生物学の基礎の選択問題でした。前もって教科書を一回読んでいたので、滞りなく解くことができたのでまぁ良しと…

カレンダーや手帳の利用とモチベーションについて

【モチベーションを保つために】 モチベーションを常に高く持ち続けるというのは、何も工夫しなければ難しいと思います。 僕がやっていたのは ・勉強した日にはカレンダーに印をつける(8時間以上○、6~8時間△、~6時間☓) ・手帳に勉強した時間を記録する …

勉強について

ここでは全体を通しての考え方について記述します。 また私は一年間予備校に通わず、いわゆる宅浪でしたので宅浪の方向けになるかもしれません。しかし予備校に通う方も参考になることがあるかもしれません。 【全体を通して】 医学部再受験は特殊です。 社…

自己紹介

2014年度入試にて医学部を再受験し、無事合格しました。 今後の生活や日々の出来事について記述し、少しでも再受験を考えておられる方の参考になればと考えブログを始めることにしました。 医学部を再受験した理由について。 私は某旧帝大の理系学部に所属し…